sns

SNSメディア構築

01

なぜ企業はInstagramを運用するのか?

月間アクティブユーザー

国民の4人に1人がSNSを使う時代
30代以下60%・30代以上40%と30代以上の比率が増加している。

ストーリーを活用している企業は5本に1本がDM等の反応をユーザーから得ている。

企業アカウントが最も多いSNS。2019年の段階で1万社以上の企業が参入している

月間アクティブ率が84%と他SNSに比べ高い。
(Twitter70%・Facebook56%)

インスタを通して買い物や食事、サービスを受けたなど意思決定をしたことがある人は80%以上もいる。

インスタで情報検索するユーザーは82%もおり、操作されていないリアルな情報を求めている。

02

売上・ブランディング化構築サイクル分布図

認知から決定までInstagram完結

カスタマーが商品・サービスを認知してから購買・意思決定を行うファネルの中で、きっかけ認知検討のどのフェーズにおいてもInstagramはカスタマーにアプローチするための有効な手段となります。さらに、リピーターの獲得にも活用することができます。

03

情報環境の多様化

02のサイクルが出来上がった背景には、SNSの発達が深く関わっています。
SNSがそこまで発達していない時代では、情報は人伝いの口コミでゆっくりと広がっていました。しかし、現在ではSNSに投稿することで一気に拡散できる時代となっています。そしてその投稿が口コミとなりさらに拡散されていきます。
まさにInstagramで商品・サービスを知り、Instagram内で比較検討し、Instagram内で購入する。今やInstagramに自社の情報を露出させないと認知されにくい時代となっています。

04

Instagram活用イメージ

Instagramでの意思決定86%

現在、Instagramの影響を受けて購買したり意思決定をしたことがある人は86%にも及ぶと言われております。
MATESでは、そんなInstagramをしっかり構築し導線を引くことで集客や人材採用などへと結びつけます。

05

企業アカウント運用実績

①観光地紹介アカウント

運用1年半フォロワー25,000人に到達!

独自ハッシュタグをつけて投稿された綺麗な風景写真をアカウント内で紹介することにより、
ユーザーの「取り上げてもらいたい」を喚起させ、人気アカウントへ成長!

運用目的旅行・景色に関する情報発信を得意とする媒体の構築
施策内容独自ハッシュタグで投稿された写真の紹介、運用フォロー
結果直近1週間で約22,000人にアプローチ成功!
独自ハッシュタグの投稿件数が110,000件に到達し、
ブランディング強化に成功。
Instagramからウェブサイトへの流入数は週間で約300名。

美容業 A社(関西で複数店舗展開)

運用半年で専門卒採用に大成功!

減少傾向にある新卒市場で「Instagram」を活用し、募集枠の3倍を超える学生からのエントリーを獲得し、Webセミナーも定員の6倍を超える申し込みの獲得!

運用目的若年層の利用率が圧倒的 NO.1の「Instagram」内で
美容学生フォロワーの獲得、ブランディング
施策内容社員研修、運用フォロー
結果運用5ヶ月で美容関連のフォロワーの数が約1400人増加
Instagram経由の自社サイトへの流入、問い合わせ件数  合計0件→255件
Instagramのによる採用エントリー前年比6倍
WebセミナーへのInstagramからの申し込み 定員枠の6倍
採用に費やす広告費の削減に成功!

株式会社Sakana Professionals

#uohideでブランディング
ルート検索・webアクセスが急増!
DMからの予約も入るように!

アカウントSAKANA-YA UOHIDE 魚秀
目的Instagram内外における認知獲得およびブランド価値の向上、集客
指標プロフィールアクセス数、ルート検索、電話件数、DM件数
施策内容アカウント運用、イベントフォロー
結果1年間の運用でプロフィールアクセス数約17倍、ルート検索数約10倍に。競合ひしめく三ノ宮で「海鮮居酒屋といえば魚秀」の地位を確立。

06

お問い合わせはこちらから

ラインからのお問い合わせのお客様はこちら

友だち追加